マヤ暦「白い犬」の人は、忠誠心の強い家族愛の持ち主。

人に仕えることで、大きな喜びを感じる紋章です。

仕える人のためなら、自己犠牲も伴わないので、裏切られてトラウマになることもありますが、それは決してマイナスではありません。

白い犬は厳しい環境でも辛抱強く耐えることができます。

そして最後には「信頼」を勝ち取っていくのです。

そんな白い犬の使命や相性、恋愛特性などの特徴をわかりやすく解説。

まずはこちらの動画をご覧ください♪

白い犬の使命は家族愛

白い犬は信頼されることで力を発揮するタイプ。

忠誠心を持って人、会社、自分の理想などにお仕えすることでエネルギーを高めることができます。

忠誠心が強く、きびしい環境でも我慢強く耐え、信頼を勝ち取っていくことができます。

家族に対しては、厳しい面がありますが、犠牲も喜んで引き受ける家族思いの人。

恋愛においても、献身的に尽くしすぎてしまい、振られた時に傷つくこともあるでしょう。

そのような体験も、白い犬は経験値として残り、次のチャンスへとつながります。

そのため、白い犬は家族愛を使命として、家族のように思える人をふやしていきましょう。

白い犬は正直で誠実な人

「白い犬」は、何かに仕えることで力を発揮する人が多い傾向にあります。

仕事においては、公務員、秘書、看護師など自分がトップに立つのではなく、何かにお仕えする仕事が向いています。

正直で我慢強い性格なので、仕える人の信頼が厚いのです。

自分がトップに立つのに向いていないというわけではありませんが、いきなりリーダーになるのではなく、誰かに仕えてからトップに立つといいでしょう。

また、「白い犬」は信頼されることで、さらにエネルギーが高まります。

逆に手を抜いてしまうと大きくマイナスとなってしまいますので、お仕えする人の信頼を得られるように努力しましょう。

白い犬は人懐っこく情に厚い

白い犬は、犬のように人なつっこく、愛にあふれる人です。

この人だと思ったら、忠誠を尽くし、喜んで犠牲も引き受けます。

また、身内には厳しく接することもありますが、それは、深い愛情ゆえのことなのです。

そのため、スポーツの指導者、コンサルタント、カウンセラーのお仕事にも向いています。

その代わり、思ったことをすぐに正直に口に出してしまい、失敗してしまうことも⋯⋯。

相手への思いやりと感情のコントロールを心がけていきましょう。

家族と過ごす時間が大切なので、仕事と家庭とのバランスを取るようにしましょう。

白い犬の恋愛特性

白い犬は、人に仕え、信頼を得て役に立つことが一番の喜びです。

そのため恋愛でもいつも相手のそばにいて、お世話をし、役に立ちたいと思っています。

その反面、都合のいい扱いをされてしまったり、相手に重く感じられて振られてしまったりすることも⋯⋯。

そのため、尽くしすぎないように注意することが大切です。

また、本音を献身的に尽くせば尽くすほど、振られた時にトラウマになるほどの深い傷を負ってしまうこともあるでしょう。

また、本音でわかりあいたいと思っているため、時に相手を傷つける発言をしてしまい、菅家になることもあります。

しかし、その体験によって、白い犬は相手への思いやりと感情のコントロールを学ぶことができます。

人の痛みがわかる人は、人を癒やすことができる人です。

恋愛においては、居心地の良い暖かい場所を作るようにするとうまくいくでしょう。

白い犬と他の紋章との相性(関係性)

マヤ暦の紋章同士には、次の4種類の関係性があります。

  1. ガイドキン: 自分のことを導いてくれる人
  2. 類似キン: 感覚や考え方が似ている仲良しの関係
  3. 神秘キン: お互いひかれあい、刺激が強い関係
  4. 反対キン: 自分と背中合わせの立ち位置で、視野を広げてくれる人

これは占いであるような、「相性が良い」「相性が悪い」ということではありません。

あくまでも、どのような関係性があるかという意味です。

白い犬のガイドキン

ガイドキンは、下表のとおり自分の「音」によって異なります。

白い犬の類似キン

白い犬の類似キンは、「赤い月」です。

白い犬の神秘キン

白い犬の神秘キンは、「青い猿」です。

白い犬の反対キン

白い犬の反対キンは、「黄色い太陽」です。

白い犬の子育ても「家族愛」が大切

白い犬の子供も、大人と同じように家族思いで、また、家族の温かさを必要とします。

そのため、家族で過ごす時間を大切にし、小さい時から一緒に様々な体験をしましょう。

また、白い犬は我慢強く、一度決めたことは貫く信念を持っています。

習い事や趣味でも、自分で選ばせると、一生懸命最後まで取り組むでしょう。

そして一番気をつけたいのが、「信頼関係」を学ばせること。

白い犬のエネルギーは、「信頼される」ことで能力を発揮するため、家族以外の信頼関係を作ってあげましょう。

友だち、仲間、先生など家族愛を広げていくことで信頼関係が広がっていくことを手間ひまをかけることで成果が大きく変わることを、しっかりと教えてあげてください。

また、白い犬の子供は、思ったことを正直に口に出して、周りに人を傷つけてしまうことがあります。

そのため、相手への思いやりと感情のコントロールができるように教えてあげてください。

そうすることで、白い犬は大いに能力を発揮できるようになります。

2021年の白い犬の13日間はいつ?

2021年の白い犬の13日間は、「6月2日(水)~6月14日(月)」です。

この期間のキーワードは、「ハート、愛する、忠実、誠実、家族愛」。

全てにおいて信頼関係を築くことが大切な13日間ですので、積極的に行動しましょう。

「白い犬」の13日間の過ごし方(2021年6月2日~14日)

最後までご覧いただきありがとうございます

「この記事が参考になった!」という方は、ブログやSNSでご紹介いただけると嬉しいです♪

SNSボタンで紹介
太陽の紋章一覧

マヤ暦の鑑定書を無料でお作りします

藤ハルカのLINE公式アカウントへのご登録で、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています。

あなたの生年月日をLINEで送ってくださいね♪

詳しくはこちら