マヤ歴「音6」の人はマイペースで冷静沈着な人。

ピンチに陥った時にも、すぐに平常心に戻り冷静沈着に対処する事が出来ます。

自分のペースで物事を進められるため、周囲に合わせようと思ったり、周囲に惑わされたりしてしまう事はそうありません。

また、他人の影響を受けにくい音6の人が、動揺するほどの出来事があった場合には人生の転機や節目となる場合が多いでしょう。

その動揺が様々な気付きをもたらし、それを乗り越えることによって新しい道を切り開く能力の持ち主です。

そんな音6の使命や相性、恋愛特性などの特徴をわかりやすく解説します。

音6の使命は寄り添う事

音6は、何事もマイペースで進めていきたい人。

基本的には、全く悪気はなく生まれ持って「他人に合わせる」という感覚を持ち合わせていないタイプです。

自分の世界観を持ち、自分のペースで上手に物事を運んでいきます。

人と合わせる事をしないため、相手が誰であっても相手を尊重し、対等に接する事が出来ます。そのため、目下の相手に対しても分け隔てなく付き合える事で、信頼関係を築く事ができるでしょう。

しかし、目上の相手に対しても対等に接しがちですので、時に生意気にみられてしまう事もあるかもしれませんので注意が必要です。

特定の人との深い付き合いが苦手な一面もあり、時として冷たい印象を与えてしまうかもしれません。

感謝の気持ちを伝えるなどして相手に寄り添う気持ちを持つことで、人とのつながりもより一層深いものとなるでしょう。

心から尊敬できる相手に寄り添う事で、信頼関係を築きより高みに行くことができます。

音6は好きなことに情熱的なタイプ

音6の人は、組織の中での仕事でも無理に周囲に合わそうとせず、自分のペースで仕事を進めていく事ができます。

その為、個人事業主など自分の采配で仕事ができる環境に身を置く事で、才能を開花させることでしょう。

営業や接客業など、人に媚を売るのは苦手ですが、自分が良いと思った商品のすばらしさを伝える情熱は飛びぬけています。
その為、自分が好きなものや興味があるものを扱う仕事を選ぶことで、より充実した生活を得られるでしょう。

組織に属する場合には、上司や部下・同僚との必要以上の付き合いは好まない傾向にあります。

マイペースなあなたですが、何かをしてもらった時には感謝の気持ちを言葉で伝える事で、社内の人間関係を良好に保てるでしょう。

情熱的なあまり、時として自分の意見を押し付けてしまうこともあるかもしれません。

そのような時には、他の意見を聞く耳を持つことで、さらに成長していくことができるでしょう。

音6はピンチも冷静に対処できる人

好きなものの良さを伝える情熱的な部分とは反対に、普段は冷静沈着で落ち着いています。

何事にも落ち着いていて、動揺しないのも音6の特徴です。

動揺するような出来事があっても、それを他人に見せてはいけないと思っている事も多いのではないでしょうか。

ピンチに遭遇しても、動揺するのはほんの一瞬です。
すぐに平常心を取り戻し、冷静に対処することが出来ます。

他人の影響をあまり受けない音6の人なので、動揺するほどの出来事があった場合には、人生の転機や節目となる事が多いです。

その動揺から気付きを得て、乗り越えた先に新たな道を切り開いていくことでしょう。

音6の恋愛特性

音6の人は恋愛もマイペースです。

1日に何度もメールをしたり、毎日会ったりという関係は苦手ではないでしょうか。

自分が会いたい時には時間も関係なく会いたいと思い、仕事や他の事で頭がいっぱいの時には長い間連絡を取り合わなくても平気です。

自分のペースを大切にする音6ですから、相手の理解があればそのままでも大丈夫ですが、時には相手の気持ちを尊重することで理解を得られるでしょう。

恋愛を長続きさせるためには、相手を尊重し思いやる気持ちを持つことです。

相手が会いたいと言ってくれたら時間を作るなどして、相手に寄り添うようにしてみてください。

相手に対して思いやりの気持ちを持つことで、より良い信頼関係を築いていけることでしょう。

音6と他の音との相性(関係性)

マヤ暦の紋章同士には、次の4種類の関係性があります。

  1. 倍音関係: 一緒にいるとより力を発揮できる関係
  2. 補完関係: 足りないものを補う関係
  3. 協和関係: 協力することで力を発揮できる関係
  4. 連携関係: 円滑なコミニケーションが取れる関係

これは占いであるような、「相性が良い」「相性が悪い」ということではありません。

あくまでも、どのような関係性があるかという意味です。

音6の倍音関係

倍音関係は、一緒にいることで倍の力を出せるような、モチベーションを上げることができる関係です。

倍音関係は、音が5番違いになっています。

音6の倍音関係は、「音1音11」の人です。

自分の意志がしっかりして、リードしていく人のグループです。

音6の補完関係

補完関係とは、補い合うことで完成するという意味があります。自分とは一番違う波長を持っている人です。

足して14になる音同士のことをいいます。

音6の補完関係は「音8」の人です。

音6の協和関係

協和関係は、協力して一つになることで大きな力を発揮する関係です。自分と音が4つ違いの人たちのグループです。

音6の協和関係は、「音2音10」の人です。

新しいテーマや挑戦を中心に協力するとよいでしょう。

音6の連携関係

連携関係は、円滑なコミニケーションやスムーズなやり取りができる関係です。自分の音を中心にして前後2番違いまでの人です。

音6の連携関係は、「音4音5音7音8」の人です。

音6の子育ても寄り添う事が大切

音6の子供も、大人と同じように相手を尊敬し寄り添う事で、新しい道を切り開いていきます。

そのため、小さなころから「思いやりの心」や「感謝の気持ちを伝える大切さ」を教えてあげてください。そうすることで、無理にペースを合わせることなく円滑な人間関係を築いていくことができるでしょう。

また、自分のペースを大切にしていて、他人と合わせることは苦手ですので周りに合わせていなくても大丈夫です。
ただ、自分が良いと思った事に対してはとても情熱的になります。
強引なところがないか、遠くからそっと見守ってあげることを忘れずにいてください。

常に冷静で、問題が起きても対処できる力を持っています。問題が起きた時にも解決することが出来ますので、助けを求めてくるまでは「となりで応援しているよ」と、少し離れて見守ってあげることでさらに成長していきます。

自分の力で問題を乗り越えることで、自ら新しい道を切り開いていくことが出来るでしょう。

2020年の音6の過ごし方

2020年の音6の日は、

第1の城 4/4(土)、4/17(金)、4/30(木)、5/13(水)

第2の城 5/26(火)、6/8(月)、6/21(日)、7/4(土)

第3の城 7/17(金)、7/30(木)、8/12(水)、8/25(火)

第4の城 9/7(月)、9/20(日)、10/3(土)、10/16(金)

第5の城 10/29(木)、11/11(水)、11/24(火)、12/7(月)

です。

音6の日は、音5で具体化した目標に対して、実際に動き始めてみましょう。

マイペースさを大切にしながらも、相手を思いやり、尊重することを忘れずに。

また、コツコツ努力することでいい方向に向かいます。

自分のこと優先ではなく、相手に与える側に立つことで運が開けるでしょう。

思いがけないことが起こって、動揺することがあるかもしれませんが、そのことによって気づきが起こるので安心して積極的に行動しましょう。