KIN221のエネルギー・有名人|赤い龍×赤い月×音13

KIN221のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い龍 400x400

赤い龍

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い月 400x400

赤い月

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音13 400x400

音13

KIN221の太陽の紋章は赤い龍

マヤ暦「赤い龍(赤い竜)」の人は、母性あふれ、愛情深さを持つ人です。面倒見がよく、熱血漢で人のお世話をすることに大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に相手への思いが強すぎて、おせっかいになりすぎてしまうことも⋯⋯。しかし、赤い龍は、人のお世話をすることで、さらにエネルギーを増し、周りを巻き込んでいきます。そして最後には、愛情の範囲が広がり、より多くの人を助けていきます。

KIN221のウェイブスペルは赤い月

マヤ暦「赤い月」の人は、強い信念と華やかなオーラの持ち主。新しいものを生み出すことに使命感を感じる紋章です。それゆえ、普段は腰が重くても、これというものを見つけた時は、命がけで徹底してやり遂げようという強さがあります。赤い月はどんな困難な状況でも乗り越える力を持っています。そして最後には、新しい流れを作る「改革者」になります。

KIN221の銀河の音は音13

マヤ歴「音13」の人は、枠を超越するような能力を持って生まれてきました。また、銀河の音の最後の数字であり、まとめ役や仕上げ役のような役割も担っています。「13」という数字は、マヤ歴では特別な意味を持っていて、全てを根本から変容させるという特別な力も持ってきました。これは使命である「新しいサイクル」を生み出す力。多才で器用な人が多いのが特徴。最後の音ということもあり、過去から現在への経緯を含めて、全体を見極めることに長けており「集大成」という視点で物事を見ることができます。

KIN221の有名人(敬称略)

名前 生年月日
矢作兼 1971年9月11日
大倉孝二 1974年7月18日
加治将樹 1988年1月29日
賀来賢人 1989年7月3日
飯島寛騎 1996年8月16日

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら

新マヤミラクルダイアリー講座受付中

2023年2月3日(金)から、マヤ暦の新年が始まります。

マヤ開運倶楽部でも、新しいマヤミラクルダイアリー手帳の販売をスタートしました。

新しい260日間は、2023年2月3日(金)から2023年10月20日(金)まで

マヤミラクルダイアリーを使いこなして、新年も幸せに過ごしましょう♪

マヤ開運倶楽部では、マヤミラクルダイアリーの使い方講座と、新年260日間の過ごし方セミナーをセットでお届けします♪

たくさんの特典をご用意しておりますので、ぜひご参加くださいね♪