マヤ暦「赤い蛇」の使命・相性・恋愛特性は?

マヤ暦「赤い蛇」の人は、情熱的で正直な心の持ち主。

大変努力家で、狙ったものは必ず艇に入れる粘り強さを持つ紋章です。

それゆえ感情の起伏が激しく、誤解をうけてしまうこともありますが、それは決してマイナスではありません。

赤い蛇は本能のままに進み、うまくいかないことで自己コントトールする力がつき、才能を伸ばすことができるのです。

そして最後にはさらなる「生命力の強さ」へと変わっていくのです。

そんな赤い蛇の使命や相性、恋愛特性などの特徴をわかりやすく解説します。

赤い蛇の使命は本能のままに生きること

赤い蛇はエネルギーが強く、本能のままに生きるタイプ。

好き嫌いがはっきりしていて、自己主張が強いので、本音を大切にすることでエネルギーを高めることができます。

しかし、赤い蛇は正直すぎて、人に誤解を受けて、傷ついてしまうこともあるでしょう。

マイナスに思えるかもしれませんが、本能と情熱で進む赤い蛇にとっては、自己コントロール力を身に付けるために大切な体験なんです。

恋愛においても、本音をかたり、情熱的すぎてしまい、振られた時に傷つくこともあるでしょう。

そのような体験も、赤い蛇は経験値として残り、さらなる生命力に変えていきます。

そのため、赤い蛇は本能のままに生きることを使命として、情熱的に行動しましょう。

赤い蛇は情熱的で強い生命力を持つ

「赤い蛇」という紋章名のとおり、狙った獲物は逃さない、まっすぐ前に進む直進型の人が多い傾向にあります。

仕事においては、経営者、実業家、営業マンなど、情熱と本能を活かす仕事が向いています。

特に、自分の情熱や努力が結果に結びつく仕事だと、さらにエネルギーが高まるでしょう。

起業、経営、営業などの、結果が形となってわかりやすい仕事は、赤い蛇の人が多いのです。

また、「赤い蛇」は人に認められ、受け入れてもらえることで、さらにエネルギーが高まります。

逆に承認欲求が強すぎると大きくマイナスとなってしまいますので、注意しましょう。

赤い蛇は正直で正義感が強い

赤い蛇は嘘が嫌いで、正直者で、強い正義感を持っています。

ウソが許せず、正しいことを追求します。

また、世の不正をただし、社会を変えていく情熱もあります。

そのため、政治家や警察官などのお仕事にも向いています。

その代わり、感情の起伏が激しいので、周りと衝突したり、逆に外で気を使いすぎて、ストレスがたまることも⋯⋯。

そんな時は、「リラックス」をするのが一番です。

好きなことをして、リフレッシュし、睡眠をしっかりとりましょう。身体を動かすことも大切です。

赤い蛇の恋愛特性

赤い蛇は情熱的で正直な性格。

恋愛に対して貪欲で、狙った相手は何が何でも振り向かせようと努力します。

スキンシップが大好きで、常にベタベタしていたいタイプ。一途に愛を表現してくれます。

その反面、嫉妬深く、主導権を握ろうとして、相手に重く感じられて振られてしまうことも⋯⋯。

そのため、執着しすぎないように注意することが大切です。

情熱的に愛を表現すればするほど、振られた時にトラウマになるほどの深い傷を負ってしまうこともあるでしょう。

でもその体験によって、赤い蛇は自分の気持ちをコントロールすることができるようになります。

自己コントロールを身に付け、周りの人にも理解されるようになります。

さらに、恋愛においても、たとえ嫌なことがあったとしても、自己コントロールを高めることで、さらに生命力と情熱が高まり、目標を達成できるようになります。

積極的に行動し、たくさんの体験をしましょう。

赤い蛇と他の紋章との相性(関係性)

マヤ暦の紋章同士には、次の4種類の関係性があります。

  1. ガイドキン: 自分のことを導いてくれる人
  2. 類似キン: 感覚や考え方が似ている仲良しの関係
  3. 神秘キン: お互いひかれあい、刺激が強い関係
  4. 反対キン: 自分と背中合わせの立ち位置で、視野を広げてくれる人

これは占いであるような、「相性が良い」「相性が悪い」ということではありません。

あくまでも、どのような関係性があるかという意味です。

赤い蛇のガイドキン

ガイドキンは、下表のとおり自分の「音」によって異なります。

ガイドキン
1,6,11赤い蛇
2,7,12赤い地球
3,8,13赤い月
4,9赤い龍
5,10赤い空歩く人

赤い蛇の類似キン

赤い蛇の類似キンは、「白い魔法使い」です。

赤い蛇の神秘キン

赤い蛇の神秘キンは、「黄色い戦士」です。

赤い蛇の反対キン

赤い蛇の反対キンは、「青い鷲」です。

赤い蛇の子育ても「本音」が大切

赤い蛇の子供も、大人と同じように好き嫌いがはっきりして、自己主張が強い傾向があります。

そのため、周りから誤解されやすいのです。お家では、話をていねいに聞いてあげ、本音を引き出してあげましょう。

また、赤い蛇は子供の頃から運動が得意。

習い事や趣味でも、身体をしっかりと動かすことが大切です。

そして一番気をつけたいのが、「リラックス」できる環境づくり。

赤い蛇のエネルギーは、感情をためこんでしまうと大きくマイナスとなってしまいます。

自分の本音を大切にしながらも、気持ちをコントロールする大切さを、しっかりと教えてあげてください。

また、赤い蛇の子供は、親密感、一体感を求めています。。

そのため、子供とじっくりスキンシップをしてあげてください。

そうすることで、赤い蛇は大いに能力を発揮できるようになります。

2021年の赤い蛇の13日間はいつ?

2021年の赤い蛇の13日間は、「3月29日(月)~4月10日(土)」と「12月14日(火)~12月26日(日)です。

この期間のキーワードは、「本能、血と情熱、生命力、生き残らせる、コントロールの力」。

自分自身の生命力を高め、情熱をもって前向きに物事に取り組むことが大切な13日間ですので、自分の気持ちに正直に勇気を持って行動しましょう。