KIN77のエネルギー・有名人|赤い地球×白い世界の橋渡し×音12×黒KIN

マヤ暦でKIN77を持つ人のエネルギーや特徴、使命について解説。

KIN77の有名人もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね♪

あなたが生まれ持った才能や使命を知って、望む未来を手に入れましょう♪

マヤ暦アドバイザー 藤ハルカ
藤ハルカ

KIN253赤い空歩く人黄色い星音6。マヤ暦で開運する方法をYouTubeでも発信中。あなたの生年月日から、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています♪
無料鑑定書のご案内はこちら

KIN77のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い地球 400x400

赤い地球

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 白い世界の橋渡し 400x400

白い世界の橋渡し

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音12 400x400

音12

KIN77の太陽の紋章は赤い地球

マヤ暦「赤い地球」の人は、思いやりが深く、人を元気にさせてくれる存在。心と心のつながりに、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に寂しさに弱く、一人でいると孤独を感じやすいのですが、それは決してマイナスではありません。赤い地球はそのような体験から、人との絆の大切さをより深く理解し、人の絆をより深めていくでしょう。そして最後にはたくさんの仲間を作り、よりエネルギーを高めていくのです。

KIN77のウェイブスペルは白い世界の橋渡し

マヤ暦「白い世界の橋渡し」の人は、温和で争いごとを好まない平和主義者。人におもてなしをすることで、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ、人に気を遣いすぎて、疲れてしまうこともありますが、それは決してマイナスではありません。白い世界の橋渡しは人におもてなしをすることで人の気持ちを理解し、コミニケーション能力がさらに強くなっていきます。そして最後には「人と人との橋渡し」をする役割へと成長します。

KIN77の銀河の音は音12

マヤ歴「音12」の人は、とびぬけた問題解決能力の持ち主。「音11」までで散らかってしまったものを、後片付けするのが音12の役割りです。そのため、尻拭いのような役割りばかりが降りかかってくることも少なくないでしょう。それだけ、情報処理能力が高く、相談役としての役割が備わっているからなのです。また音12の人には「共有」という特徴もあります。もともと人と一緒に行動することが好きなので、喜びを共有したい、みんなにも味わってほしいという気持ちを強く持っているのです。

KIN77は黒KIN

KIN77は黒KINです。

黒KINは銀河の活性化の正門が開く日で、非常に強いエネルギーが流れています。

ツォルキン表では黒いマスで表され、260日の間に52回出現します。

マヤ暦のツォルキン表
黒KINについて詳しくはこちら

KIN77の有名人(敬称略)

名前 生年月日
石原良純 1962年1月15日
大塚寧々 1968年6月14日
中島史恵 1968年6月14日
秋山成勲 1975年7月29日
三船美佳 1982年9月12日
森口博子 1968年6月13日
リアム・ギャラガー 1972年9月21日
岩瀬仁紀 1974年11月10日
畑山隆則 1975年7月28日
神木隆之介 1993年5月19日
和田颯 1994年2月3日
志村玲於 1999年1月29日

この他にもKIN77の有名人を見つけたら随時追加していきます。

万が一、誤りがあった場合にはご指摘いただけますと幸いです。

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら

新マヤミラクルダイアリー講座受付中

2023年2月3日(金)から、マヤ暦の新年が始まります。

マヤ開運倶楽部でも、新しいマヤミラクルダイアリー手帳の販売をスタートしました。

新しい260日間は、2023年2月3日(金)から2023年10月20日(金)まで

マヤミラクルダイアリーを使いこなして、新年も幸せに過ごしましょう♪

マヤ開運倶楽部では、マヤミラクルダイアリーの使い方講座と、新年260日間の過ごし方セミナーをセットでお届けします♪

たくさんの特典をご用意しておりますので、ぜひご参加くださいね♪