KIN168のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 黄色い星 511x511

黄色い星

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い地球 400x400

赤い地球

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音12 400x400

音12

KIN168の太陽の紋章は黄色い星

マヤ歴「黄色い星」の人は、輝く星のように高い美意識の持ち主。均整の美と調和という意味があり、いつも美しいものに囲まれて過ごしたいと思っていますので、センスが良くオシャレな人が多いのが特徴。プロ意識が強く、完璧主義なところも持ち合わせています。周囲の環境や人間関係などがしっかり整っていることで、高い能力を発揮するパワーが自然とわき上がってきます。

KIN168のウェイブスペルは赤い地球

マヤ暦「赤い地球」の人は、思いやりが深く、人を元気にさせてくれる存在。心と心のつながりに、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に寂しさに弱く、一人でいると孤独を感じやすいのですが、それは決してマイナスではありません。赤い地球はそのような体験から、人との絆の大切さをより深く理解し、人の絆をより深めていくでしょう。そして最後にはたくさんの仲間を作り、よりエネルギーを高めていくのです。

KIN168は黒KIN

黒KINは銀河の活性化の正門が開く日で、非常に強いエネルギーが流れています。

ツォルキン表では黒いマスで表され、260日の間に52回出現します。

マヤ暦のツォルキン表
黒KINについて詳しくはこちら

KIN168の銀河の音は音12

マヤ歴「音12」の人は、とびぬけた問題解決能力の持ち主。「音11」までで散らかってしまったものを、後片付けするのが音12の役割りです。そのため、尻拭いのような役割りばかりが降りかかってくることも少なくないでしょう。それだけ、情報処理能力が高く、相談役としての役割が備わっているからなのです。また音12の人には「共有」という特徴もあります。もともと人と一緒に行動することが好きなので、喜びを共有したい、みんなにも味わってほしいという気持ちを強く持っているのです。

KIN168の有名人(敬称略)

名前 生年月日
Chage 1958年1月6日
佐藤寛之 1970年11月2日
大溝清人 1978年9月3日
加藤あい 1982年12月12日
西田彩香 1982年12月12日
シバター 1985年10月18日
夏帆 1991年6月30日
松島聡 1997年11月27日
宮島亜弥 1997年11月27日
山崎天 2005年9月28日

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら