マヤ暦でKIN117を持つ人のエネルギーや特徴、使命について解説。

KIN117の有名人もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね♪

あなたが生まれ持った才能や使命を知って、望む未来を手に入れましょう♪

マヤ暦アドバイザー 藤ハルカ
藤ハルカ

KIN253、赤い空歩く人黄色い星音6。マヤ暦で開運する方法をYouTubeでも発信中。あなたの生年月日から、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています♪
無料鑑定書のご案内はこちら

KIN117のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い地球 400x400

赤い地球

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い蛇 400x400

赤い蛇

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音13 400x400

音13

KIN117の太陽の紋章は赤い地球

マヤ暦「赤い地球」の人は、思いやりが深く、人を元気にさせてくれる存在。心と心のつながりに、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に寂しさに弱く、一人でいると孤独を感じやすいのですが、それは決してマイナスではありません。赤い地球はそのような体験から、人との絆の大切さをより深く理解し、人の絆をより深めていくでしょう。そして最後にはたくさんの仲間を作り、よりエネルギーを高めていくのです。

KIN117のウェイブスペルは赤い蛇

マヤ暦「赤い蛇」の人は、情熱的で正直な心の持ち主。大変努力家で、狙ったものは必ず艇に入れる粘り強さを持つ紋章です。それゆえ感情の起伏が激しく、誤解をうけてしまうこともありますが、それは決してマイナスではありません。赤い蛇は本能のままに進み、うまくいかないことで自己コントトールする力がつき、才能を伸ばすことができるのです。そして最後にはさらなる「生命力の強さ」へと変わっていくのです。

KIN117の銀河の音は音13

マヤ歴「音13」の人は、枠を超越するような能力を持って生まれてきました。また、銀河の音の最後の数字であり、まとめ役や仕上げ役のような役割も担っています。「13」という数字は、マヤ歴では特別な意味を持っていて、全てを根本から変容させるという特別な力も持ってきました。これは使命である「新しいサイクル」を生み出す力。多才で器用な人が多いのが特徴。最後の音ということもあり、過去から現在への経緯を含めて、全体を見極めることに長けており「集大成」という視点で物事を見ることができます。

KIN117の有名人(敬称略)

名前 職業 生年月日
倍賞千恵子 女優 1941年6月29日
林家パー子 漫才師 1948年8月13日
松岡修造 タレント、スポーツ解説者、元男子プロテニス選手 1967年11月6日
田中美里 女優 1977年2月9日
佐藤健 俳優 1989年3月21日
尾関梨香 アイドル
(櫻坂46)
1997年10月7日

この他にもKIN117の有名人を見つけたら随時追加していきます。

万が一、誤りがあった場合にはご指摘いただけますと幸いです。

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら