KIN103のエネルギー・有名人|青い夜×黄色い人×音12

マヤ暦でKIN103を持つ人のエネルギーや特徴、使命について解説。

KIN103の有名人もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね♪

あなたが生まれ持った才能や使命を知って、望む未来を手に入れましょう♪

マヤ暦アドバイザー 藤ハルカ
藤ハルカ

KIN253赤い空歩く人黄色い星音6。マヤ暦で開運する方法をYouTubeでも発信中。あなたの生年月日から、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています♪
無料鑑定書のご案内はこちら

KIN103のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 青い夜 400x400

青い夜

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 黄色い人 400x400

黄色い人

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音12 400x400

音12

KIN103の太陽の紋章は青い夜

マヤ暦「青い夜」の人は、マイペースでやりたいことが次々にあふれる人。目標を定め、夢を叶えることで、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ夢の実現のためなら、食べなくても寝なくても平気。人のことも気になりませんがそれは決してマイナスではありません。青い夜は自分自身が夢を叶えていくことで、人に夢と希望と勇気を与える人だからです。そして最後には「周りの人たちの目標の存在」へと変わっていくのです。

KIN103のウェイブスペルは黄色い人

マヤ暦「黄色い人」の人は、こだわりが強く一芸に秀でています。自分のことは自分で決めたいという強い意志を持つ紋章です。それゆえ人に「なんでそこにこだわるの?」と人から理解されないこともありますが、それは決してマイナスではありません。そのような体験から、黄色い人は人との調和や思いやりの気持ちを育むことができます。そして最後には「周りの人に良い影響を与える力」へと変わっていくのです。

KIN103の銀河の音は音12

マヤ歴「音12」の人は、とびぬけた問題解決能力の持ち主。「音11」までで散らかってしまったものを、後片付けするのが音12の役割りです。そのため、尻拭いのような役割りばかりが降りかかってくることも少なくないでしょう。それだけ、情報処理能力が高く、相談役としての役割が備わっているからなのです。また音12の人には「共有」という特徴もあります。もともと人と一緒に行動することが好きなので、喜びを共有したい、みんなにも味わってほしいという気持ちを強く持っているのです。

KIN103の有名人(敬称略)

名前 生年月日
鈴木亜久里 1960年9月8日
松井常松 1960年9月8日
クリフ・バートン 1962年2月10日
チバユウスケ 1968年7月10日
小杉竜一 1973年7月5日
いしだ壱成 1974年12月7日
ディーン・フジオカ 1980年8月19日
土屋アンナ 1984年3月11日
小林龍二 1997年1月6日
武井証 1997年9月23日

この他にもKIN103の有名人を見つけたら随時追加していきます。

万が一、誤りがあった場合にはご指摘いただけますと幸いです。

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら

新マヤミラクルダイアリー講座受付中

2023年2月3日(金)から、マヤ暦の新年が始まります。

マヤ開運倶楽部でも、新しいマヤミラクルダイアリー手帳の販売をスタートしました。

新しい260日間は、2023年2月3日(金)から2023年10月20日(金)まで

マヤミラクルダイアリーを使いこなして、新年も幸せに過ごしましょう♪

マヤ開運倶楽部では、マヤミラクルダイアリーの使い方講座と、新年260日間の過ごし方セミナーをセットでお届けします♪

たくさんの特典をご用意しておりますので、ぜひご参加くださいね♪