マヤ暦でKIN100を持つ人のエネルギーや特徴、使命について解説。

KIN100の有名人もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね♪

あなたが生まれ持った才能や使命を知って、望む未来を手に入れましょう♪

マヤ暦アドバイザー 藤ハルカ
藤ハルカ

KIN253、赤い空歩く人黄色い星音6。マヤ暦で開運する方法をYouTubeでも発信中。あなたの生年月日から、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています♪
無料鑑定書のご案内はこちら

KIN100のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 黄色い太陽 480x480

黄色い太陽

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 黄色い人 400x400

黄色い人

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音9 400x400

音9

KIN100の太陽の紋章は黄色い太陽

マヤ暦「黄色い太陽」の人は、太陽のような明るく責任感が強い親分肌。常に前向きで頼りにされることで喜びを感じる紋章です。それゆえ人に裏切られるとトラウマになることもありますが、それは決してマイナスではありません。黄色い太陽は相手の気持ちを理解することで感謝が生まれ、人を元気にする力がさらに強くなっていきます。そして最後には「無条件の愛」へと変わっていくのです。

KIN100のウェイブスペルは黄色い人

マヤ暦「黄色い人」の人は、こだわりが強く一芸に秀でています。自分のことは自分で決めたいという強い意志を持つ紋章です。それゆえ人に「なんでそこにこだわるの?」と人から理解されないこともありますが、それは決してマイナスではありません。そのような体験から、黄色い人は人との調和や思いやりの気持ちを育むことができます。そして最後には「周りの人に良い影響を与える力」へと変わっていくのです。

KIN100の銀河の音は音9

マヤ暦「音9」の人は、好きなことに高い集中力を持っています。ワクワクする事やドキドキする事がとても大切な人。自分が好きな事や好きな物でワクワクドキドキすることによって、エネルギーが高まっていきます。夢や目標を常に持ち続けることで、モチベーションを維持していける能力の持ち主。さらに、躍動感を感じることで「拡張のエネルギー」という強いパワーを発揮することができるのも特徴です。周りの人に元気をあげる役割をになっているため、周りに音9の人が居てくれるだけで、周りの人も元気になるでしょう。

KIN100の有名人(敬称略)

名前 職業 生年月日
田村正和 俳優 1943年8月1日
別所哲也 俳優 1965年8月31日
新庄剛志 プロ野球選手 1972年1月28日
吉田沙保里 レスリング選手 1982年10月5日
ゆいP お笑い芸人
(おかずクラブ)
1986年4月28日
二階堂高嗣 歌手、俳優、タレント、アイドル
(Kis-My-Ft2)
1990年8月6日
ラウール アイドル、ファッションモデル、俳優
(Snow Man)
2003年6月2日

この他にもKIN100の有名人を見つけたら随時追加していきます。

万が一、誤りがあった場合にはご指摘いただけますと幸いです。

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら

無料でマヤ暦の鑑定書をお作りしています

【無料鑑定】マヤ暦の占い鑑定書を無料でお作りします

マヤ暦アドバイザーの藤ハルカが、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています。

無料鑑定書をご希望の方はぜひ、こちらのページからご依頼ください♪

無料鑑定書のご依頼はこちらから