KIN59のエネルギー・有名人|青い嵐×赤い空歩く人×音7

マヤ暦でKIN59を持つ人のエネルギーや特徴、使命について解説。

KIN59の有名人もご紹介します。

あなたが生まれ持った才能や使命を知って、望む未来を手に入れましょう♪

マヤ暦アドバイザー 藤ハルカ
藤ハルカ

KIN253、赤い空歩く人黄色い星音6。マヤ暦で開運する方法をYouTubeでも発信中。あなたの生年月日から、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています♪
無料鑑定書のご案内はこちら

KIN59のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 青い嵐 400x400

青い嵐

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い空歩く人 400x400

赤い空歩く人

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音7 400x400

音7

KIN59の太陽の紋章は青い嵐

マヤ暦「青い嵐」の人は、集中力とパワーにあふれる人。人を巻き込む力が強く、思い込んだら嵐のようなエネルギーを発揮する紋章です。それゆえ人に誤解されて、ネガティブになることもありますが、それはけしてマイナスではありません。青い嵐はそのような体験から、本当の理解者を見つけ、自分の理念をさらに没頭し、人を巻き込んでいきます。そして最後には自分の理想を実現するのです。

KIN59のウェイブスペルは赤い空歩く人

マヤ暦「赤い空歩く人」は、天と地の柱という意味があります。天と地を結ぶはしご役となり、周囲の人々を上へ上へと成長の手助けをする奉仕の人。面倒見が非常によく、良識的な面も持ち合わせているため、指導者としての才能も高いでしょう。また、世のため人のために尽くすことで、その良き行動は巡りめぐって自分へと返ってくるという強運の持ち主でもあります。

KIN59の銀河の音は音7

マヤ歴「音7」の人は鋭い第六感を持っている人。マヤ歴では7は神秘の数字。銀河の音の中心に位置していて、バランスをとる調整役もになっています。音の中心という事は、補い合う関係もまた「音7」の自分自身。自分の中にいる、反対の自分とタッグを組むことが出来るのも音7の特徴です。その為、何でも一人で解決できてしまう「自己完結型」の側面も持ち合わせているのです。

KIN59の有名人(敬称略)

名前 職業 生年月日
斉木しげる 俳優 1949年11月18日
駒田徳広 元プロ野球選手 1962年9月14日
杉本哲太 俳優 1965年7月21日
竹山隆範 お笑い芸人
(カンニング)
1971年4月2日
Zeebra ラッパー 1971年4月2日

この他にもKIN59の有名人がいらっしゃいましたら、この記事のコメント欄やお問い合わせフォームから教えてください♪

また、誤りがあった場合もご指摘いただけますと幸いです。

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら

無料でマヤ暦の鑑定書をお作りしています

【無料鑑定】マヤ暦の占い鑑定書を無料でお作りします

マヤ暦アドバイザーの藤ハルカが、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています。

無料鑑定書をご希望の方はぜひ、こちらのページからご依頼ください♪

無料鑑定書のご依頼はこちらから