KIN37のエネルギー・有名人|赤い地球×青い手×音11

KIN37の人のエネルギーや特徴、使命について解説します。

あなたが生まれ持った才能や使命を知って、望む未来を手に入れましょう♪

マヤ暦アドバイザー 藤ハルカ
藤ハルカ

KIN253、赤い空歩く人黄色い星音6。マヤ暦で開運する方法をYouTubeでも発信中。あなたの生年月日から、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています♪
無料鑑定書のご案内はこちら

KIN37のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い地球 400x400

赤い地球

ウェイブスペル
(潜在意識)

青い手

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音10 400x400

音10

KIN37の太陽の紋章は赤い地球

マヤ暦「赤い地球」の人は、思いやりが深く、人を元気にさせてくれる存在。心と心のつながりに、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に寂しさに弱く、一人でいると孤独を感じやすいのですが、それは決してマイナスではありません。赤い地球はそのような体験から、人との絆の大切さをより深く理解し、人の絆をより深めていくでしょう。そして最後にはたくさんの仲間を作り、よりエネルギーを高めていくのです。

KIN37のウェイブスペルは青い手

マヤ暦「青い手」の人は、癒やしの力と優しい心の持ち主。人に尽くすことで、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に裏切られるとトラウマになることもありますが、それは決してマイナスではありません。青い手は体験することで人の痛みを理解し、人を癒やす力がさらに強くなっていきます。そして最後には「チャンス」へと変わっていくのです。

KIN37の銀河の音は音11

マヤ歴「音11」の人は、閉塞感を打破するような大きなエネルギーの持ち主。音10までで形になったものを一度破壊するという意味があります。それは破滅に向かわせるのではなく、古いものを新しく洗練された形にしていくうえで必要な破壊。こんなふうに、凄まじいエネルギーの必要な行動ができるのは音11だからこそ。また、13音の中でも一番エネルギッシュ。オリジナリティが強く、独自のスタイルを貫き通す強さも持ち合わせています。音11の人が居なければ、新しい流れが生まれないといえるほど重要なポジションなのです。

KIN37の有名人(敬称略)

名前 職業 生年月日
吉田 拓郎 ミュージシャン 1946年4月5日
山下 真司 俳優 1951年12月16日
原 由子 ミュージシャン
(サザンオールスターズ)
1956年12月11日
清原 和博 プロ野球選手 1967年8月18日
渡部 篤郎 俳優 1968年5月5日
田中 和将 ミュージシャン
(GRAPEVINE)
1974年1月15日
猫 ひろし お笑い芸人 1977年8月8日
馬場園 梓 お笑い芸人
(アジアン)
1981年3月1日
吉田 明世 アナウンサー 1988年4月14日
井上 尚弥 プロボクサー 1993年4月10日
RM ラッパー
(BTS)
1994年9月12日

この他にもKIN37の有名人がいらっしゃいましたら、この記事のコメント欄やお問い合わせフォームから教えてください♪

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら

無料でマヤ暦の鑑定書をお作りしています

【無料鑑定】マヤ暦の占い鑑定書を無料でお作りします

マヤ暦アドバイザーの藤ハルカが、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています。

無料鑑定書をご希望の方はぜひ、こちらのページからご依頼ください♪

無料鑑定書のご依頼はこちらから