KIN237のエネルギー・有名人|赤い地球×青い鷲×音3

KIN237のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い地球 400x400

赤い地球

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 青い鷲 400x400

青い鷲

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音3 400x400

音3

KIN237の太陽の紋章は赤い地球

マヤ暦「赤い地球」の人は、思いやりが深く、人を元気にさせてくれる存在。心と心のつながりに、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に寂しさに弱く、一人でいると孤独を感じやすいのですが、それは決してマイナスではありません。赤い地球はそのような体験から、人との絆の大切さをより深く理解し、人の絆をより深めていくでしょう。そして最後にはたくさんの仲間を作り、よりエネルギーを高めていくのです。

KIN237のウェイブスペルは青い鷲

マヤ暦「青い鷲」の人は先を見とおす力と論理的な視点の持ち主。心が通じ合うことで、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に裏切られるとトラウマになることもありますが、それは決してマイナスではありません。青い鷲はその体験から人の痛みを理解し、心を読み取る力がさらに強くなっていきます。そして最後には「人の役に立ちたい」という気持ちへと変わっていくのです。

KIN237の銀河の音は音3

マヤ暦「音3」の人は、素直で誰からも好かれる人。細やかな気くばりができて、周囲からの信頼が厚い人です。それゆえ周りの人からいつも頼りにされ、人との間を取り持つ調整役になって気を遣いすぎて疲れてしまうこともありますが、それは決してマイナスではありません。音3は波風を立てずに人と人の中を円滑に取り持つので、多くの人から信頼されるからです。そして最後には、人と人を結びつけるワンランク上のステージに向かいます。

KIN237の有名人(敬称略)

名前 生年月日
児玉清 1933年12月26日
細野晴臣 1947年7月9日
谷村新司 1948年12月11日
上島竜兵 1961年1月20日
六角精児 1962年6月24日
鶴田真由 1970年4月25日
伊藤歩 1980年4月14日
村主章枝 1980年12月31日
濱家隆一 1983年11月6日
城田優 1985年12月26日
長友佑都 1986年9月12日
三浦春馬 1990年4月5日

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら

新マヤミラクルダイアリー講座受付中

2023年2月3日(金)から、マヤ暦の新年が始まります。

マヤ開運倶楽部でも、新しいマヤミラクルダイアリー手帳の販売をスタートしました。

新しい260日間は、2023年2月3日(金)から2023年10月20日(金)まで

マヤミラクルダイアリーを使いこなして、新年も幸せに過ごしましょう♪

マヤ開運倶楽部では、マヤミラクルダイアリーの使い方講座と、新年260日間の過ごし方セミナーをセットでお届けします♪

たくさんの特典をご用意しておりますので、ぜひご参加くださいね♪