マヤ暦でKIN138を持つ人のエネルギーや特徴、使命について解説。

KIN138の有名人もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね♪

あなたが生まれ持った才能や使命を知って、望む未来を手に入れましょう♪

マヤ暦アドバイザー 藤ハルカ
藤ハルカ

KIN253、赤い空歩く人黄色い星音6。マヤ暦で開運する方法をYouTubeでも発信中。あなたの生年月日から、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています♪
無料鑑定書のご案内はこちら

KIN138のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 白い鏡 400x400

白い鏡

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 青い猿 400x400

青い猿

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音8 400x400

音8

KIN138の太陽の紋章は白い鏡

マヤ暦「白い鏡」の人は、自立心が強く礼節を重んじる人。何事も真正面から取り組む、まじめな紋章です。それゆえ約束事やルールを守らない人に厳しすぎることがあります。また、自分も枠にはまりがち。しかし、白い鏡は「こうあるべき」という枠に自分をはめることで苦しくなってしまうことも多いのです。しかし、そのような体験も、白い鏡が視野を広げるためには必要なことなんです。そして最後には「高い精神性」を追求していく生き方へと変わっていくのです。

KIN138のウェイブスペルは青い猿

マヤ暦「青い猿」の人は、アイディアとひらめきに満ちた天才タイプ。サービス精神旺盛で人を楽しませることで、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に人から「変わっているね」と言われて落ち込んでしまうこともありますが、それは決してマイナスではありません。青い猿はそのことによって人の気持ちを理解し、困難を楽しく乗り越えるアイディアが生まれます。どんな困難でも乗り越えていくのです。

KIN138の銀河の音は音8

マヤ暦「音8」の人は、包み込むような豊かな母性愛の持ち主。お互いを調和させるという意味を持つ「音8」の人は、調和やバランスを重んじる人が多いのが特徴です。また、8には「すべて」という意味もあり、八方美人・八方向・四方八方というように、全ての方向を指しています。動物に好かれたり植物を育てるのが上手な人が多いのも特徴です。

KIN138の有名人(敬称略)

名前 生年月日
加山雄三 1937年4月11日
岩松了 1952年3月26日
生瀬勝久 1960年10月13日
平畠啓史 1968年8月14日
団長安田 1974年4月26日
松田大輔 1977年3月2日
長谷川潤 1986年6月5日
休日課長 1987年2月20日

この他にもKIN138の有名人を見つけたら随時追加していきます。

万が一、誤りがあった場合にはご指摘いただけますと幸いです。

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら