マヤ暦でKIN133を持つ人のエネルギーや特徴、使命について解説。

KIN133の有名人もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね♪

あなたが生まれ持った才能や使命を知って、望む未来を手に入れましょう♪

マヤ暦アドバイザー 藤ハルカ
藤ハルカ

KIN253、赤い空歩く人黄色い星音6。マヤ暦で開運する方法をYouTubeでも発信中。あなたの生年月日から、マヤ暦の鑑定書を無料でお作りしています♪
無料鑑定書のご案内はこちら

KIN133のエネルギー

太陽の紋章
(顕在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 赤い空歩く人 400x400

赤い空歩く人

ウェイブスペル
(潜在意識)

マヤ暦 太陽の紋章 青い猿 400x400

青い猿

銀河の音
(人生のテーマ)

マヤ暦 銀河の音3 400x400

音3

KIN133の太陽の紋章は赤い空歩く人

マヤ暦「赤い空歩く人」は、天と地の柱という意味があります。天と地を結ぶはしご役となり、周囲の人々を上へ上へと成長の手助けをする奉仕の人。面倒見が非常によく、良識的な面も持ち合わせているため、指導者としての才能も高いでしょう。また、世のため人のために尽くすことで、その良き行動は巡りめぐって自分へと返ってくるという強運の持ち主でもあります。

KIN133のウェイブスペルは青い猿

マヤ暦「青い猿」の人は、アイディアとひらめきに満ちた天才タイプ。サービス精神旺盛で人を楽しませることで、大きな喜びを感じる紋章です。それゆえ人に人から「変わっているね」と言われて落ち込んでしまうこともありますが、それは決してマイナスではありません。青い猿はそのことによって人の気持ちを理解し、困難を楽しく乗り越えるアイディアが生まれます。どんな困難でも乗り越えていくのです。

KIN133の銀河の音は音3

マヤ暦「音3」の人は、素直で誰からも好かれる人。細やかな気くばりができて、周囲からの信頼が厚い人です。それゆえ周りの人からいつも頼りにされ、人との間を取り持つ調整役になって気を遣いすぎて疲れてしまうこともありますが、それは決してマイナスではありません。音3は波風を立てずに人と人の中を円滑に取り持つので、多くの人から信頼されるからです。そして最後には、人と人を結びつけるワンランク上のステージに向かいます。

KIN133の有名人(敬称略)

名前 職業 生年月日
藤圭子 演歌歌手 1951年7月5日
所ジョージ タレント 1955年1月26日
ダイヤモンドユカイ ミュージシャン 1962年3月12日
柳沢超 俳優、タレント
(忍者)
1967年3月7日
加藤浩次 お笑い芸人
(極楽とんぼ)
1969年4月26日
伊達公子 テニスプレイヤー 1970年9月28日
森雅樹 ミュージシャン
(EGO-WRAPPIN')
1974年4月21日
内田恭子 アナウンサー 1976年6月9日
松木安太郎 サッカー解説者、プロサッカー選手 1980年1月1日
箕輪はるか お笑い芸人
(ハリセンボン)
1980年1月1日
向山毅 歌手
(SOLIDEMO)
1988年7月19日
橋本良亮 歌手、俳優、タレント
(A.B.C-Z)
1993年7月15日

この他にもKIN133の有名人を見つけたら随時追加していきます。

万が一、誤りがあった場合にはご指摘いただけますと幸いです。

KINナンバーの調べ方

自分の生年月日からKINナンバーを調べることで、自分が生まれ持った使命やエネルギーを知ることができます。

また、家族や友人、上司や同僚など、周りの人との相性を調べることもできます。

こちらのページに、自分でKINナンバーを調べられる「KIN早見表」をご用意しております。

無料でダウンロードできますので、ぜひご活用くださいね♪

KIN早見表はこちら