マヤ暦とは?マヤ文明の歴史から解説

早文明で多くの謎に進まれているわかって
いないことの方が多い皆さんこんにちはマ

ユキアドバイザーのはるかです
私はこのマヤ暦アドバイザーというお仕事

をしているんですが
マヤ暦を知るまでは

マヤについては
ほとんど知識がありませんでした

手間やり cad バイザーになって
いろいろ公マヤの勉強を深めていく中で

マヤ暦の歴史についてもまあ調べていった
んですけれども本当に情報が少なくってを

調べていくと
すごいマヤ運命て多くの謎に進まれている

文明あるんですよその理由なんですけれど

まず
もともとですねほとんど資料的なものが

残ってないでまず現存する本
まあ品と言っても髪はなかったので木の皮

に書かれた
ような本が4冊しか残っ

それ以外にはあ
ぴらぶとは結局建設をされてそれが残って

いるんですけどピラミッドに書かれている
絵文字とそれから石碑に書かれている文字

まあこれらした資料がないっていう状態で
あるのでそれではや文明のことがほとんど

やっぱりわかってい
動画はいいまし

それで
まず今です文字がだいぶ階床をされてきた

ようなんですけど実際にこの文字の解読が
始まった歴史自体も浅いですしずっとその

暗号のようなものを解読をしていった
みたいなっで実際に文字の解読ができたん

だよ本当にここ数十年の話みたいなんです
よね

でやっとも人の全部で文字が800種類
ぐらいあって

でこの文字はこういう意味なんじゃないか
この文字がこの音を表すんじゃないかって

いうことで少しずつわかって言ってはいる
んですがそうは言ってもわかっていない

ことの方が多いようなのが今早分
電話この中でですね公マヤ文明について高

全体的なままやってどんな時代でどんな
文明だったかっていうね全社員道を

ザーっっ
お話をするようなマヤ文明の概要が

ちょっとつかめるような内容になってい
ますので是非最後までご覧ください

まずは今日の目次です b つのパートに
分けています

一つ目はマヤ文明が栄えた場所
二つ目はマヤ文明の年強3つ目はマヤの

政治経済文化についてですこの3つの
パートに分けて少しずつ解説をしていき

ます
まずはマヤ文明の場所です

マヤ文明が栄えた場所なんですけれども
メキシコの

まあ一部とグアテマラそれからベリーズと
いう国まあここの辺りに昌がのがマヤ文明

ですここに今でをジャングルの中に
多くのピラミッドや遺跡が今が

発見されてなかったり森の中に直物に覆わ
れていたりして今でも次々と移籍が発見を

されているのです
にマヤ文明の年表です

まずマヤの時代は大きく3つの時代に分け
られます

1000個天気古典機こう個展木のみっつ
ですただしこの

あの3つの分類というのはあの今の人が
分類しただけであってマヤ暦の中でそう

いった何か区切りがあったとかそういう
ことではないんですけど

まず選挙天気紀元前2000年から期限後
250年までに

栄えた1000個天気です
1000個天気の時代っていうは特にその

子のマヤ文明
木場だった特徴っていうのがあった時代で

はなくて本当に他の文明とかのも初期の頃
の馬時代とあまり変わらないような感じで

石器が仕様をされていました鉄と彼はまだ
なくてで時もまだなくてでこの線古典期の

途中からそのマヤ文明のチューブで時が
使用されるようになっていきます

それからこの時代に年がだんだんとできて
きて都市が少しずつ大きくなってきます

そして一部の都市が繁栄をして言って一部
の都市は衰退を押して言って残った大都市

が勢力を拡大して
大国になって

いきます
次に

紀元後250年から1000年までの古典
期についてお話をしていきます

まず
1000個天気から大都市国家っていうが

まあ徐々にできて言って繁栄をしていった
んですけれども

その大都市間ではですね
覇権争いですねどこの国がやっぱり構成

不正アップするかみたいな戦いがずっと
続いていったんですねでやっぱりその覇権

争いの一つとして巨大な心霊を築くそれが
力の証として

ピラミッドマヤのピラミッド
たくさんのピラミッドが建設されていった

のがこの時期になりますそれから王朝の
歴史などを示す

あった石碑っていうのもたくさんこの時代
にはできました

例えば
から9分とかティカルといった大都市が

繁栄をしたんですけれどもそれ以外にも
多くの柱状の都市国家ができてそれがもう

工房
繰り返していたそうです

でこの時代の巻言語800年ぐらいがマヤ
文明の絶頂期と言われていて人口はなんと

最大
1000万人ぐらい経っそうなんですで

この時に
壮麗な建築物とか巨大なピラミッドとこれ

から石堀の石碑
石細工とか時とかまあそういったものが

たくさん作られた時代でした
それからこの時期に天文学

通学とかそういったものも発達をしていき
ます

って早の時代ではもう天文学と数学が本当
に今のコンピューターと変わらないぐらい


たと言われていてそれから昨日川に書いた

絵文書でマヤマヤ文明では文字が全部絵
文字なんですけどこの絵で書いた文書も

作られましたただしこのへ文書は
温度が燃やされてモチーフやされていま4

つ叱って

それから実は他の都市国家他の国とかです
ねメキシコ中央部のか口とかとかも交流を

していた公益ですね貿易もしていたそうで
商業都市っていうのも生まれていきました

では急性期に入って徐々に徐々に衰退をし
ていくんですけどこの

衰退がどうして衰退していったかっていう
ことに関しては正直今まだわかってない

そう原因は一つではなくてたとえばまあ
外敵がまあ侵入したのではないかとかは

そのですね交易品具とも戦いでまぁその
経済的に破綻をして言ったんじゃないかと

いうか
上からの疫病が流行ったんじゃないタブ化

機構が変動したとかいろんな後はその公が
いいです

環境汚染によって水が苦戦されて衰退した
とかいろんな説があってみまーで今の

ところはね
にどこだ誰かっていうことはわかってない

みたいです
最後の地内の広お天気ですねこのこう個展

木つはまあ有名なチェチェンいざ
を中心とする文明が栄えましたでももう

これが
a衰退をしていってその後

植民地時代に入るこの時期は
交易が盛んになって

沢山の安交易によって商業都市があの盛れ
ます

で攻撃のしなってるわ
カカオ豆とか塩とかまあそういったものが

いい各地とです
交易をしてそこでまぁ経済が発展をして

いきました
最後に植民地時代です

1500年頃からスペイン人によって本格
的に侵略が始まって

1524年ずはもう完全にスペインの試合
かになって植民地となりました

でもこの
マヤ文明はジャングルって一輪に高はれて

いるで内陸部の制服っていうのはをくれた
みたいで150年くらいは内陸部は独立を

保っていたんですが
1697年にマヤ全体がもスペインに特攻

されていきます
なので今でもマヤの人っていうのは残っ

てるんですのも前の文字と彼を支えたい
言葉を話せっていうのはいなくて今のマヤ

の人はスペイン語を使っているんですね
次にマヤの政治経済文化について解説して

いきますまずは政治マヤ文明というのは実
は政治的にマヤ文明全体が統一されたこと

は一度もなくって各地に無数の小都市が
ランディ頭をしていてその中で一部の勢力

をもった都市が巨大化していってそこで
覇権争いをしたというような

運命でした
マヤに

オーグいたんですけどその音を統一された
方ではなくてその都市国家の大規模な都市

国家の王様ですね王様っていうのはもう

し人間ではなくって特別な神格化された超
自然的な存在っていうふうにされていて

maya ではとうもろこしっていうのが
凄くあの主食でありいまー神様のような

存在だったんですけれどもマヤの王様と
とうもろこしの王様っていうのも同じもの

だとされていたんですね
でとうもろこしって子弁に植えたらまた来

そこから芽を出してまたとうもろこし側が
できてくるんですけど

本来このように前の王様っていうのも死ぬ
っていうことはなくて死んだとしても復活

するという風に考えられていたそうです
次に2番目で多くです

マヤ文明は
穴っていうものがなく

石器や広く使用されていて
巨大なピラミッドの建築とかも

実はせっきーでできた道具だけで建築をさ
れていたようです

鉄はなかったんですけど金とか銀とかどう
とかは9世紀頃からあったそうです


石器の材料としては黒曜石っていうのが

使われていました
この黒曜石っていうのはすごく重要な交易

品の一つだったそうですそう職人として
翡翠が

でありましたでこの日水は桜の仮面で全部
翡翠できた仮面とかもが発見をされてるん

ですけど
装飾品としてすごく大事にされていたそう

ですそれから鳥の羽なども
珍重されていたということです

交通についてです実はマヤ文明には虫とか
う学ぶの家畜がいなかったので物資は

ほとんどを人力で移動をさせてア混んでい
ました

そのため各都市間に結構ですね立派な道路
が建設をされていました

それから彼はがある地域に限っては
kavu などを使って物資を輸送してい

て海と川からですね海上輸送が発達して
都市ができて言ってとしも発展をしてき

ました
ヨーヨーについてです

マヤ文明が大きな変わっというがありませ
んでした小さな川があったんですかその

小さな川を利用して農業が行われていまし

丹治においてはだんだんばだけをつくって
作物を植えたり焼畑農法も行われていまし


で家畜として先ほど牛や馬はいなかっ

たって言ってたんですけど
いたのはね犬だけだったそうです

それ以外だと野生の七面鳥とかしかとか
それから野鳥とか魚とかそれがまあ食用と

されていたそうです
それ以外だと衣料品で

綿花ですね
これは全域で栽培されてたし

次に食についてです
就職がとうもろこしでしたでこの

とうもろこしっていうのは赤白黒黄色の4
色のと思う欲しがってこの統合は腰って

いう実は未だに期限がわかってないそうな
んですよね

この麻也にとってトウモロコシっていうの
はもう

まあ日本にとってのお米みたいな感じでも
経済の根幹をなすもので広く栽培をされて

いました
食べ方としてはまあお粥にしたりとかもし

団子にして主に食べられていたそうでま
トルティアとかまあ今でもありますけど

そういったものも線交点驚異結構で昔から
食べられていたそうですそれからそれ以外

だと豆とかカボチャの重要な作物があっ
たりとか唐辛子も作られていました

それからお酒とかハチミツを使ったお酒と
か昨日あっじゅじゅうえを使ったお酒が

あったりとかタバコ回ってタバコも栽培さ
れていたした箱のは喫煙の習慣もあった

ようですそれから
母をですチョコレートの原料でか顔も

すごく重要な交易品の一つでの一時期はお
金でもあったぐらい大事なものあったそう

です
それからハチミツも重要な貿易日になった

ようです
主要の対象となる野生動物とかが激減して

いなくなっていたのでほとんど肉とかそう
いうものの消費はなくて植物性の職員が食

生活出身だったようです
次に交易についてです

マヤ文明では主に
メキシコとか中央アメリカの近隣地域と大

規模に交易を行っていたようです
特に

とルベカ文明
ては

きよぴは感がいい交流を結構行っていた
ようでその痕跡が認められそうです

どんな品を交易で使っていたかというと
北部ではしよう中部ではカカオ南部では

ヒスイや黒曜石などが取れてそれらが交易

建築についてです
マヤ文明の建築として有名なのはまあ

たくさんのピラミッド
今でもたくさん残されているんですが多く

のものは今でもジャングルで発見されずに
植物に覆われてい待望するみたいですね

それでいまだにまだ
されているようです

マヤのピラミッドというは維持プトの
ピラミッドとは違って一番上の部分だけが

死んでになっていますそしてその下の部分
っていうのは櫂レンになっている

例えばですねマヤでを中3の倍数化20の
倍数がマヤで重要と言われている

この数字の倍数が使われていたりしたそれ

で最古のピラミッドというのは紀元前1戦
年頃の青ヴァル議席

もともとはピラミッドは人4の山として
作られていたものでした

でこのピラミッドはですピラミッドの中に
またピラミッドがあってその中に

ピラミッドが八景されたりとかもしていて
中に隠し部屋だったり価値化みたいになっ

てたんですするようなピラミッドもある
そうなんですね

で京築技術はすごく進んでいて
セメントとか漆喰とか

焼いたレンガなどをつくって使っていたり
とか

すごくコードなぁ建築技術を持って建て
られていました

次にマヤの文字について
これは全部で800文字あるんですがなん

とそのままやっていう文書がほとんど
スピン人によって焼き尽くされてしまって

たったの世界ずに4冊しか残ってないん
ですよねその4冊残っている中の絵も g

それから遺跡に書いてあったり
石碑に書いてあるこの文字で解読をして

いったんですけどそもそも海賊が始まった
の次回も100年以内とかぐらいだったり

とかその回力がほとんど闇狼なようなもの
ですごく

難しい文字
いろんな絵を組み木絵とかを組み合わせた

象形文字だと瓶をもなんですがそれがです
すごく回力に時間がかかったようで今でも

全部開封解読されているわけではなくて
もう本当にここ数ジェネの話なんですよ

それほどその文字っていうのはとても
難しいものだったん

で主に象形文字って何か形を表すものだっ
たんですけど一部を音を表す文字の表彰

文字もあったんです
でこの文字がです

まあ本当にいろんなところに刻まれている
んですけれどもそれはたとえば動物を表し

たものだ
骸骨表したものだった

宇宙船のようなのの言うみたいなものが
あったりとか結構面白い文字が使われてい

ました
それから数学です

マヤ文明では私たちが今使ってる10進法
ではなくて20 c 砲を使用していて

独自にその時代からゼロの概念というのを
発明をしていましたそしてゼロっていう

文字もありましたそれから文字もアラビア
数字ではなく独特の数字の文字を利用して

それを使っていたんですね
なや文明では天文学にすごく長けていて

例えば
惑星の運行とか

星野祝儀などを
計画にハークしていた

今もコンピューターでしか計算できない
ようなわずかな子様で

正確に
把握していたっていうのが石碑などに残っ

ている
暦などから見て分かります

それから建築に関しても本当に西の石器
しか使ってなかったにも関わらず

あれだけのいろんな巨大な建築物などを
作っていることから数学とか建築の技術が

発達したと推測されています
土曜日についてです

マヤ文明では17種類の暦を支えていたと
いうふうに言われていますその中でも主に

使われていたのが2つの暦で一つは取る金
できもう一つはハーブ歴です

それ金利益は申請できとも呼ばれて
お祭りのお祭りごととか信じとか行事ごと

大使うに決めるのに使われていました
ハーブ歴は主に農業に使われていました

ソル経歴は一周忌を260日13かける
21は周期でハーブ歴は1年を365日

初かけ18カ月かけ5日の時間を外した
いいと呼ばれるでやっていました

ソル金利とハーブ歴は
実はマヤ文明だけではなくてメソアメリカ

全体で使われていたそうです
スペインによる植民地化が進んだ後も

20世紀になるまで回生かした形で残って
いたそうです

昭和多くの謎に未だ包まれたマヤ文明の
歴史についてお話をしていきました

本当にわかっていることってとても少ない
んですけどもでもこの今日の情報だけでも

マヤについての色んなイメージだねまた
幸福欄で言ったんじゃないかなぁと思い

ます
マヤ文明に関してはねこれからも少しずつ

もうちょっと一つ一つを掘り下げた動画も
出していこうと思っていますのでお楽しみ


この動画に対する感想ご質問などありまし

たらどうぞコメント欄の方にお寄せ
くださいそれからこのマヤ文明について

こういうことがもっと知ったりとかこう
いう動画を作ってほしいというような

リクエストもぜひ書き込んでいただければ
と思います

チャンネル登録やいいね押して頂けると
励みになります

今日は最後まで見ていただきありがとう
ございました

マヤ暦の占い鑑定書を無料でお作りします♪

【無料鑑定】マヤ暦の占い鑑定書を無料でお作りします

あなたの生年月日から、マヤ暦のKINナンバー、太陽の紋章、ウェイブスペル、銀河の音を導き出し、鑑定書を無料で差し上げます。

無料鑑定をご希望の方は、こちらのページをご覧ください♪